【NEWS】札響・副首席奏者の大家 和樹先生が講師に就任!

運営本部より嬉しいお知らせがございます。

この度、札響交響楽団の副首席奏者としてご活躍中の打楽器奏者、大家 和樹先生を新たに打楽器講師としてお招きしました。

なにかと大変な時期ではございますが、名実ともに日本の最前線で活躍されている大家先生のレッスンををご自宅で受けられるまたとないチャンスでございます。

オンラインレッスンはスマホ一台で地方や離島からもレッスンを受けられます。

値段も15分1,800円~とまたとないチャンスですので、この機会に是非!!

12歳よりドラムセット、16歳より打楽器を始める。米国ニューイングランド音楽院、ボストン大学大学院卒業。2011年より札幌交響楽団ティンパニ兼打楽器奏者となる(2015年4月~副首席奏者を務める。)2017年より札幌大谷大学の講師を務める。

これまでに、シュタークワ音楽祭(2006年・ニューヨーク)、ナショナル・オーケストラ・インスティチュート音楽祭(2007年・メリーランド)、アジアユースオーケストラ(2007年・アジア各国)、ミュージックアカデミーオブウェスト(2008年・カリフォルニア)、タングルウッド音楽祭(2009年・タングルウッド)、PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)(2010年・札幌)など世界的に名声のある音楽祭に奨学金を得て参加する。

2006年ニューイングランド音楽院の推薦により「アヴェディス・ジルジャン・パーカッション奨学金」を受賞。2007年ニューイングランド音楽院打楽器アンサンブルのメンバーとしてカーネギーホールにて招待演奏を行う。2009年イタリア国際打楽器コンクールティンパニ部門第一位受賞。

これまでに打楽器全般を松倉利之、フランク・エプステイン、ティム・ジェニス各氏に師事。マリンバを小森邦彦氏に師事。

オンラインレッスンのFunMusic

プロのミュージシャンのレッスンをご自宅でお手軽に。

0コメント

  • 1000 / 1000